« サプリメントの存在意義 | Main | 高慢と偏見 »

渡鬼

母は毎週木曜日に欠かさず茶の間で「渡る世間は鬼ばかり」を見ています。ここ数ヶ月、私が夕食を食べる時間には、いつもこのドラマが放送されているのです。何があろうとチャンネルを変えさせてくれません。見たくなくてもどうしても目や耳に入ってしまうので、かなり詳しくなりました。お父さん(おじいさん)を筆頭に5人の娘の家族に次から次にいろんなことが起こるのです。嫁姑問題に悩む次女、子供の進学問題に悩む三女って感じで。。毎回、見ていていらいらするのですが、それを母に言うと「あんたは嫁に行ってないからわからないんだ」とイヤミを言われます。でも、私はたぶん嫁にいったってこのドラマよさはわからないし、おばさんになっても演歌は好きになれないと思う。

渡鬼のこんなサイトを見つけました。わかる人には面白い内容だと思います。

|

« サプリメントの存在意義 | Main | 高慢と偏見 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

そうなんですよ。好きではないけど、こうなったら最終回まで見てやろうかな。見ないのに批判はできない。

Posted by: watermelon@管理人 | January 13, 2005 at 12:22 AM

たまに見ます。イライラするのは同じです。それにあの五人娘ってすごくわがまま。悩みまくっているように見えても、結構やりたい放題やっていると思います。

確かに時代を反映しているという感じはしますよね。悩みやトラブルの内容がいつも最新型。だけど、私も多分よさがわからないままおばさんになるのでしょうね。

Posted by: bambi | January 12, 2005 at 02:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/2493095

Listed below are links to weblogs that reference 渡鬼:

« サプリメントの存在意義 | Main | 高慢と偏見 »