« H2 | Main | ごくせん »

都会の孤独

今日、帰りにいつものようにバスに乗っていました。交通量の多い道路なので、バス停の少し手前で渋滞でとまっていました。私は歩道側の窓際の席に座り、ぼーっと窓の外を見ていました。少し前方の歩道に大きな黒い物体がおいてありました。何だろうと思ってよく見ると、人でした。会社員らしい男性が倒れていたのです。バス停もタクシー乗り場もすぐ近くだし、人通りも結構あるのに、誰も気にとめていません。男性は倒れたときには一人でそこにいたのでしょう。倒れてからどれくらいたっているかわからないけど、私は何もしてあげることはできないから、せめて救急車でも呼んであげようと携帯電話で119番にかけました。バス停に着いて降りてみると、どうやら嘔吐したようで服や周りが汚れていました。びくりとも動きません。救急車はおよそ10分くらいで到着し、応急処置をした後に男性を載せて病院へ向かいました。人はあんなにいるのに人が倒れても誰も気づかない、気にしない。都会って孤独だなと思いました。

|

« H2 | Main | ごくせん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

あの後、男性はどうなったのか。新聞を見ても死亡記事はないからきっと大丈夫だったんでしょう。福岡は好きだけど、ちょっと人情薄いところありますから。他県に行くとよくわかります。

Posted by: watermelon@管理人 | January 15, 2005 at 11:35 PM

すいかちゃん、あなたはえらいよ。今の世の中、きっと面倒なことにかかわりたくないんでしょうね。情が薄い世の中だから、見知らぬ人から思いやりを示されると、とっても感激してしまうわたしです。

Posted by: komarin | January 15, 2005 at 03:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/2574615

Listed below are links to weblogs that reference 都会の孤独:

« H2 | Main | ごくせん »