« 挨拶 | Main | 時間が薬 »

危篤状態

昨日の夜まで何とか会話していたが、今日は反応がなくなった。いわゆる昏睡状態となった。朝一番は「来たよ」というと「うん」と返事したが(偶然声をだしたのか?)、それ以来、もう何を言っても返事しなくなった。先生に聞くと、意識はもうなく、こちらが何を言っても聞こえていないだろうとのこと。瞳孔が開きかけていると言われた。それでも、どこかに出かけるときや病室に戻ったらいちいち声をかけた。もしかしたら反応できないだけで、聞こえているかもしれないから。もっと言いたいことがあったのではないだろうか?あのお気に入りの帽子はどこにしまったのか、聞きたいことがたくさんあるが、今となってはそれもできない。家に帰りたがっていたのに、それをかなえてあげられなかったことが悔やまれる。

|

« 挨拶 | Main | 時間が薬 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

手を握ってあげて。
お父様の「生きる」という気持ちの炎が消えないように。。。

Posted by: komarin | February 15, 2006 at 05:17 AM

ありがとうございます。
私も聞こえていると信じて声をかけています。
奇跡が起こるなら、家に連れて帰ります。

Posted by: watermelon | February 15, 2006 at 12:48 AM

ウォーターメロンさん、お父様は聞こえてるんですよ。
私の父も一度目の脳梗塞で昏睡状態となってしまいました。
でも看護士さんが、聞こえてるはずですから声かけてやって下さいねって言ってたので、いろいろと話しかけていました。
小さいラジカセ持ってきて、イヤホンで音楽聞かせたり。
父はその後2週間で意識が戻ったんですよね。
お父様にも奇跡が起きますように。

Posted by: ヤン | February 15, 2006 at 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/8660351

Listed below are links to weblogs that reference 危篤状態:

« 挨拶 | Main | 時間が薬 »