« June 2006 | Main | May 2007 »

引越し

かめきちくんが少し大きな家(水槽)に引っ越した。家が大きくなった分、管理人(私)はこれまでの何倍もの労力が必要になる。水槽の中には火山があって、その下は洞窟になっている。かめきちくんはデリケートなので慣れるまでちょっと時間かかるかもしれないけど、敷地は広いし探検するところもできたのできっと気にいってくれるだろう。
Hikkosi
Hikkosi2

| | Comments (0) | TrackBack (2)

成長記録

そろそろ水槽を大きくしてあげたくて、ネットで見ているけどなかなか希望するものがない。今の水槽はプラケースで大きさはちょうどいいけど、中に出っ張ったところがあって(ここに上って甲羅干しをするようになっている)そのために中が狭い。ちょうどよさげなサイズの水槽はガラス製で重い。オーダーメイドすることができればそうしてあげたいのだけど・・・

写真を整理していて、かめきちくんが我が家にやってきた時に撮った写真を発見。本当に同じカメなのか??まだ一年経ってないのに、すごい成長ぶりに驚く。

Kame_1
Kame_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嗜好

かめきちくんが食べるエサについてまとめておこうと思う。

テトラレプトミン・・・・・昔は食べていた。でも今は全く・・・
テトラレプトミンスーパー・・・・・もりもり食べる
テトラガマルス・・・・・すごい勢いで食べる。大好物らしい。
パックDE赤虫・・・・・まあまあ食べる。

他のかめちゃんは違う結果になるかもしれない。個体によって好きな色なんかもあるみたいだし。テトラミンスーパーはおいしいんだろうけど、食い散らかしがすごくてすぐに水が赤っぽくなる。掃除してあげないと病気になりそうだし。今のところは特に病気はなさそうで、健康そのもののようだ。ここ数日、浮島に乗ってしきりに外を見ている。逃亡ルートを考察中なのか?
Kamebest

| | Comments (0) | TrackBack (0)

逃亡計画中

レプトミンスーパーを食べはじめて、ますます成長中のかめきちくんは、水槽のフタをあけるとでっかい体のくせに狭いところを無理やり通り、一番高い場所に上る。そして逃亡しようと水槽の縁から外を覗き込む。いつか逃げ出してやろうと今から距離とタイミングをはかっているに違いない。テトラミンスーパーがオレンジ色なので、フンもオレンジ色っぽい。初めてみたときはぎょっとしたけど、エサがそんな色なので当然か。
Kame2

Kame1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グルメ

かめきちくんを買ったお店でどのエサだったら食べてくれそうか相談した。予想はしたことだけど、テトラレプトミンスーパーを勧められた。1000円くらいの高級?食。普通のエサは300円~500円くらいなので、かなりぜいたくな食事だ。これを食べなかったら暴れるところだったけど、おいしそうにパクパク食べていたので安心。もしかすると、赤っぽいものが好きなのかも。干しエビはうすいオレンジ色、そしてレプトミンスーパーはくすんだオレンジ色。サラミみたいな色のパックDE赤虫も食べていたし。レプトミンスーパーは少しやわらかめなので、食べ散らかしがすごい。これまで以上に水替えしないといけないかも。

Esa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だいたい1年ぶり

約一年ぶりの更新。今日からペットのかめきちくんを中心に日記を書いていこうと思う。

昨年秋にうちにやってきたかめきちくんはおそらく♂。今1歳くらい。子供の頃にクサガメやミドリガメを飼っていたことがあるので、飼育方法については不安なし。ペット屋さんで値段を見て目をうたがった。1匹3500円。他にも6000円以上するのもいる。せいぜい1000円くらいで買えるかと思っていたけど・・・かめきちくんは「イエローベリータートル」という種類。縁日なんかで売っているミドリガメは「ミシシッピアカミミガメ」という種類らしい。

お店の水槽には何匹かいたけど、かめきちくんを選んだ理由は一番元気に泳いでいたこと。そして、耳のあたりにある赤いラインが一番鮮やかだったこと。カメはデリケートな生き物なのでちゃんとご飯を食べてくれるか心配だったけど、翌日の朝からしっかり食べていたのでその点はほっとした。エサは評判のいいレプトミン。最近、干しエビもいいと聞いたのでおやつに少し与えたら、それ以来レプトミンに見向きもしなくなった。エビばかりだと病気になってしまうらしいので心を鬼にしてレプトミンしか与えないことにした。さて、いつ食べてくれるのか・・・現在体長8センチくらい。

Kaudai1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | May 2007 »