« December 2007 | Main | February 2008 »

やりきれない気持ち

先週の水曜日の朝、左目のコンタクトレンズ(ソフト)装着に失敗し、レンズがどこかへ飛んでいってしまいました。前にも肩に止まっていたり、洗面台に不時着したりしていたことがあったので、周辺を探してみたのですが、どうしても見つかりません。片方あるけど、もう2年以上使っているし度も変わっているかもしれないと思い、昨日、両方とも新しく買いました。急な出費3万円。

そして、今朝、買ったコンタクトレンズをつけようと洗面台に並べている洗浄液の容器のフタをあけようとすると・・・くっついていました。フタの端っこに乾いてカピカピになったコンタクトレンズが・・・。昨日の3万円の出費は何だったのか。度も変わっていなかったのに。洗浄液の容器のフタまでは見なかった・・・・・

ついていない。本当についていない。とりあえず、予備のレンズとしてとっておきます。カピカピになってもしばらく洗浄液につけていたら元に戻るんです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

愛玩動物飼育管理士/動物看護士をめざして(2)

(社)日本愛玩動物協会から通信教育の申込書が届きました。今週中には手続きをして、実際に勉強を始めるのは5月、試験は12月です。レポートを提出する必要があるので、ちゃんと計画的に勉強を進めないと・・・動物看護士3級のほうは通信教育とかはないので、テキストを買って勉強することになります。来年には2つともとれていることを願います。

コンタクトを作りに行きました。この時期に3万円の出費は痛い・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コスチュームのなぞ2

自己フォローです。

トマシュ・ベルネルのコスチュームの文字が判明しました。やはり「勇名トラ」だそうです。「勇名」は「勇気があるという評判」という意味で、「トラ」の部分は、どうやら使用した曲が「グリーン・ディスティニー(原題:臥虎蔵龍)」の音楽であること、自身が日本の干支でいえば寅年生まれであることでつけたようですが、縦書き漢字の後に横書きのカタカナ・・・それに、どうして「虎」と漢字にしなかったのか??ちょっと不思議です。

そうえいば、ソルトレークオリンピックで、カナダの選手が「ライーヨー」と書かれたコスチュームを着ていたことがあります。実は「ライオン」と書きたかったそうです。

誰か注意してあげればよかったのに・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コスチュームのなぞ

24日にフィギュアスケートの欧州選手権が行われ、トマシュ・ベルネルが優勝したそうです。去年、日本の大会でいい成績を残したので気になっていた選手の一人です。欧州選手権の放送はJ Sports Plusのみということでウチでは見られません。ネットの画像で見たところ、コスチュームの右胸のあたりに漢字らしき文字がプリントか刺繍されています。1文字目は「勇」で2文字目は「名」で3文字目が・・・カタカナのトとラを組み合わせたような文字で、日本の漢字なのかよその国の漢字なのかわかりません。昨日からどうも気になっているのですが、どなたかご存知でしたら教えてください。

※日本の大会のエキシビジョンで、「日本」と書かれたハチマキをさかさまにつけて会場で爆笑が起こったというエピソードもあります。「トとラ」の部分は、本当に「トラ」なのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛玩動物飼育管理士/動物看護士をめざして(1)

ペット関連の資格をとりたいと思い、いろいろ調べてみましたが、いろんな団体がそれぞれ資格を提供していて、どれを選べばいいか迷ってしまいます。学校に通うことはできないので、通信教育で勉強します。まずは、今年、(社)日本愛玩動物協会の愛玩動物飼育管理士2級と、(社)日本動物病院福祉協会のVT3級をめざそうと思います。遅すぎる感はありますが、チャレンジしてみます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

これから

ほとんど行かない雇用先で久しぶりに話をしてきました。とりあえず、IT業界で働くことを前提に希望を言ってきました。進みたい方向性は自分の中にはあるので、これから少しずつ技術を身につけていくことにします。それから、興味がでてきたペットの資格。これも本格的に始めます。心配だったスクーリングは地元でも受けることができるようなので、今のところ障害はクリアしました。今年は仕事と勉強と忙しくなりそうです。あ、もうすぐプロ野球のシーズンが始まるのでそれもしっかり楽しまないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なつかしい病院

朝、母と親しい一人暮らしの高齢の女性から来てほしいと電話があり、家を訪ねると胸が苦しいので病院に連れて行くよう頼まれました。救急車を呼び、一緒に乗ってかかりつけの病院へ向かいました。椅子にのって神棚にお供えものをしている最中に、椅子から落ちて胸のあたりを強打したようです。骨に異常がなく入院する必要はないということだったので、自宅に連れて帰りました。ただ、痛みは大きそうで歩くのがやっとでした。しばらくするとご家族の方がこられたので、私と母は自宅に戻りました。

救急車が向かったのは、2年前に父が亡くなった病院です。最後にここに来たのは、葬儀の後、父の治療費の支払いをした日でした。約2年ぶりに来てみるとやはり毎日通っていた頃のことを思い出しました。治療されていたのは父の担当医の方でしたし。でも、もうずいぶん前のことのような気がしました。もうすぐ3回忌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母の腰痛 その後

快気祝いを買いに母と街まで出かけました。本人が言い出したくらいなので、よほど状態がよかったのでしょう。さすがに帰りくらいになると辛そうでしたが、自宅から駅まで自転車に乗ることもできるようになりました。このぶんだと来月から職場復帰できそうです。

今でも腰に負担がかかりそうな掃除は私の仕事ですが、料理や食後の片付けは母がしています。私も負担が軽くなってよかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

読めんのだがどうしたらいいか

イギリスでできた友人からメールが来ました。スイス人で彼女とは英語でやりとりをするのですが、今日はスイスジャーマン(たぶん。読めないからはっきりわからない)できました。何と書いてあるかさっぱりわかりません。たぶん、ネットで読めるカードのURLを送ってきたのだろうけど、怖くて開けません。どうしたものか・・・とりあえず、彼女に聞いてみるか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホームレス中学生

売れているというホームレス中学生(麒麟・田村裕氏著)を読んでみました。田村氏のホームレスネタはほとんど知っていたので特に新しい情報はありませんでしたが、一億総中流と言われていた時代に中学生がこんな生活をしていたのかと思うと考えさせられました。ただ、思ったよりホームレス生活の描写は少なかったです。今は本も売れて芸人としても成功しているので、ホームレス生活は辛かったかもしれませんが、帳尻があったのかなと思いました。ちなみに、すでに映画化が決定していて、主演は小池徹平くんを希望しているとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥たち

今日はいい天気だったので、散歩がてら近くの川にきている鳥を見に行きました。前回と比べてマガモの数は増えていました。今日はコサギはいませんでしたが、アオサギくんが一羽仲間入りしていました。こんな川でエサの確保ができるのか不思議でしたが、どうやら近所の方がエサをあげているようです。今日も親子連れがパンくずのようなものをあげていました。おこぼれにあずかろうとスズメもたくさん集まってきます。見ているだけで癒される光景です。

P1050116
P1050118
P1050135

| | Comments (0) | TrackBack (0)

正月は終わり

私自身はまだ正月休み中ですが、今日から仕事はじめの方も多いようです。母は去年の暮れとはまったく違い、今日はベッドから出て朝から食事の準備や洗濯など家の中を動き回っていました。とりあえず安心です。

テレビを見ていて気になったことを一つ。まあ、目くじら立てることではないでしょうが、情報番組でとある神社から中継していました。レポーターと神社の巫女さんが出てきました。かわいらしい巫女さんでしたが、口調が居酒屋やコンビニなどの店員さんと同じ。

レポーター 「ここ、xxxx神社は何のご利益がありますか?」
巫女さん 「縁結びの神社になります。」

レポーター 「xxxxxの高さはどれくらいですか?」
巫女さん 「xxxxメートルになります。」

いつなるんでしょうか?何かがっかりした気分になりました。場所と立場を考えて話してくれればよかったのに。
最後に、今年の抱負。

痩せます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年の始まり

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

2008年になってから、母の腰の具合は驚くほど良くなっていて、朝晩の食事の準備(といっても配膳程度ですが)ができるようになりました。これから少しずつできることが増えていくのだろうと思います。家事から解放される日はそう遠くありません。

母がそんな感じなので、去年の大掃除はすべて私一人でやらなくてはいけませんでした。それだけでもむかつくのに、どうしてもゆるせないのが、掃除の手間やスペースを考えて断固購入を反対していた家具や道具を、家族のたっての願いでしぶしぶ置いていたのに、結局掃除するのは私であること。来年も同じだったら絶対捨てます。

今年はいいことがあるでしょうか・・とりあえず年末ジャンボは大はずれでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »