« 母の腰痛 その後 | Main | これから »

なつかしい病院

朝、母と親しい一人暮らしの高齢の女性から来てほしいと電話があり、家を訪ねると胸が苦しいので病院に連れて行くよう頼まれました。救急車を呼び、一緒に乗ってかかりつけの病院へ向かいました。椅子にのって神棚にお供えものをしている最中に、椅子から落ちて胸のあたりを強打したようです。骨に異常がなく入院する必要はないということだったので、自宅に連れて帰りました。ただ、痛みは大きそうで歩くのがやっとでした。しばらくするとご家族の方がこられたので、私と母は自宅に戻りました。

救急車が向かったのは、2年前に父が亡くなった病院です。最後にここに来たのは、葬儀の後、父の治療費の支払いをした日でした。約2年ぶりに来てみるとやはり毎日通っていた頃のことを思い出しました。治療されていたのは父の担当医の方でしたし。でも、もうずいぶん前のことのような気がしました。もうすぐ3回忌です。

|

« 母の腰痛 その後 | Main | これから »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/17766160

Listed below are links to weblogs that reference なつかしい病院:

« 母の腰痛 その後 | Main | これから »