« 安楽椅子探偵 忘却の岬 | Main | 愛玩動物飼養管理士/動物看護士をめざして(8) »

LONESOME GEORGE

Lonesome
ガラパゴスゾウガメの1種であるピンタゾウガメの最後の生き残りで、オスの個体につけられた名前です。ジョージは1971年に発見されて以来、サンタクルズ島のチャールズダーウィン研究所で飼育されています。これは何十年もの間、ピンタ島でたった一人で生きてきたジョージのお話です。このままジョージが死ぬと、ピンタゾウガメはこの地球上から絶滅します。高齢のため繁殖は難しいといわれていますが、今年の7月につがいのメスが産卵したのが発見され、無事だった3個の卵をかえそうと努力しているところです。早ければ今年の終わりには朗報が聞けそうですが、カメは無精卵も生むので、100%は喜べませんね。でもいつかジョージが「ロンサム」でなく、家族と一緒に草を食む日がくることを祈っています。

|

« 安楽椅子探偵 忘却の岬 | Main | 愛玩動物飼養管理士/動物看護士をめざして(8) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/42790260

Listed below are links to weblogs that reference LONESOME GEORGE:

« 安楽椅子探偵 忘却の岬 | Main | 愛玩動物飼養管理士/動物看護士をめざして(8) »