« 愛玩動物飼養管理士をめざして(12) | Main | しゃばけ »

クライマーズ・ハイ

1985年、日航機墜落事故が発生した時の群馬県地元新聞社の戦い?を描いた作品です。続きはネタバレが含まれますのでご注意ください。

私は原作を先に読んでいたので登場人物や展開をわかった上で見ていましたが、もし何の知識もなかったら、ちゃんと楽しめなかったのではないかなーと思いました。主人公の家族関係や職場での人間関係など、もう少し説明があったほうがいいかなと。その割りにあまり必要のないエピソードが多かったような気がします。原作はずっと重いけど、最後とても爽やかで好きなのでこれは変えてほしくなかったような。息子との冷え切った関係がいまいち描ききれていないので映画のラストの感動が薄いです。俳優さんたちはよかったし、新聞社の喧騒はリアルだったのではないかと思います。

日航機墜落事故といえば・・・当時兵庫県(大阪府と近い地域)に住んでいた叔父(母の弟)が、あの日、東京からあの便に乗って帰ってくることになっていました。飛行機が行方不明になったというニュースを聞いて、母が叔母に電話していたのを思い出します。実は叔父は何かの理由でその飛行機には乗らなかったのですが。この叔父は、その後の阪神淡路大震災のときにも家を留守にしていて無事でした。もちろん今も健在です。

|

« 愛玩動物飼養管理士をめざして(12) | Main | しゃばけ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/43877815

Listed below are links to weblogs that reference クライマーズ・ハイ:

« 愛玩動物飼養管理士をめざして(12) | Main | しゃばけ »