« 黄金週間中 | Main | 探偵Xからの挑戦状!~石田黙のある部屋~ »

キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?

著者の飴屋法水さん、本を読んでただのペットショップオーナーではないと思っていましたが、経歴を見て納得しました。あの唐十郎さんの劇団に裏方として活躍していた経歴をもち、現在は演出家であり、美術家だということでした。以下、ネタバレが含まれるかもしれませんので、ご注意ください。

現在は閉店して冷凍マウスの販売のみということでしたが、飴屋さんが「動物堂」で取り扱ったのは、ウサギなどのポピュラーな動物だけではなく、スカンク、ハリネズミ、フェネックなど、いわゆる珍獣が主だったようです。その珍獣の生態や飼う上での心構えがペットショップオーナーの視点と飼育者の視点の両方から描かれています。その切り口がとにかく面白い。読み始めたら止らなくなって一気に読んでしまいました。

よく行くペットショップに、すごく気になるカメさんがいます。私がそこに通い始めてから数年経ちますが、ずっといます。うちにはもうカメもインコもいるし、何より高いので飼いたくても躊躇していたのですが、この本を読んで値段設定に納得。このままこのカメさんが売れ残りペットショップでもてあまして、万が一処分されそうになったら、即座にうちに連れて帰ろうと心に誓いました。(・・・処分なんてないかもしれないが)

ペットを飼っている人も、これから飼おうと思っている人にもオススメの本です。少なくとも、私は動物を飼う心構えが変わりました。

|

« 黄金週間中 | Main | 探偵Xからの挑戦状!~石田黙のある部屋~ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/44899480

Listed below are links to weblogs that reference キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?:

« 黄金週間中 | Main | 探偵Xからの挑戦状!~石田黙のある部屋~ »