« 探偵Xからの挑戦状 ~殺人トーナメント~ 解決編 | Main | レコーディング・ダイエット ~再加速~ »

探偵Xからの挑戦状 ~記憶のアリバイ~ 推理

第2シーズンも今回で最後だそうです。いろいろ突っ込みどころはある番組ですが、また次のシーズンを期待します。ここからは私の推理を書きます。放送前なので大丈夫な方だけどうぞ。それから、毎度のことですが、このドラマを見ていない人にはまったくわからない内容です。

今回のポイントは

・記憶の修正をはじめたところには「継ぎ目」ができる
・記憶探査は10時間まで。それ以上はさらに許可が必要。

でしょうか。

・犯行時刻は19日0時40分~0時50分ころ
・立花の記憶の修正は18日23時50分~19日4時

記憶探査を行ったのは18日20時から19日6時までで、記憶の修正開始直前は部屋にいたことになっています。記憶探査は10時間までと決まっているので、警察は再度記憶探査の礼状をとり、もっと前の記憶を探査することになると思います。そして、継ぎ目を発見することになるのでしょう。修正した記憶はやたら長いということでしょうか。

他の3人も記憶修正されていますが、お金が欲しかった人ばかりなので、立花が話をもちかけてお金を支払う代わりに修正させたのだと思います。白川なんか、立花が経営する闇金から借金があったのかもしれません。

居酒屋で口論となった坂崎を、立花が殺したということでしょう。

正解だと思うのですけどね・・・なんせ探偵x。あなどれません。

|

« 探偵Xからの挑戦状 ~殺人トーナメント~ 解決編 | Main | レコーディング・ダイエット ~再加速~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/46819632

Listed below are links to weblogs that reference 探偵Xからの挑戦状 ~記憶のアリバイ~ 推理:

« 探偵Xからの挑戦状 ~殺人トーナメント~ 解決編 | Main | レコーディング・ダイエット ~再加速~ »