« あとは野となれ | Main | まさかの手書き »

誰もいない

ラムサール条約に登録しようと活動しているという干潟に行ってきました。絶滅危惧種の渡り鳥もいるということで、さぞギャラリーも多いだろうと思っていたら、誰もいない。いるのは無数の鳥たちだけでした。まあ、その分ゆっくり観察できたのでいいのですが、カメラにセットするコンバージョンレンズのアタッチメント部分を忘れてしまっていい写真はとれず。無念です。

潮がずいぶん引いていたので、鳥たちは望遠鏡がないとちゃんと見えないくらいでした。最初は私が視界に入ると(それでもかなり距離はあったのですけど)さっさと飛び立って行ってしまったのに、しばらくじっと座っていると信用されたのか徐々に近づいてきて、気づいたら肉眼でも見えるくらいになってました。

寒かったのでさっさと退散しましたが、また夏に行くと違う種類の生き物がいるのでしょうか。蚊もいるでしょうかね。20091226

|

« あとは野となれ | Main | まさかの手書き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/47120669

Listed below are links to weblogs that reference 誰もいない:

« あとは野となれ | Main | まさかの手書き »