« 探偵Xからの挑戦状 ~Season3~ ビスケット 解答編 ネタバレあり | Main | 世界フィギュアスケート選手権 2011 »

世界フィギュアスケート選手権 2011

東日本大震災のため一月延期され、会場がロシアになりました。シロートのくせに何言っているんだとお叱りをうけそうですが、これまでの感想を書きます。

男子シングルは下馬評通りにカナダのパトリック・チャンが優勝しました。FPの音楽が「オペラ座の怪人」ということで個人的には気に入りました。日本勢では、小塚くんが2位。高橋くんと織田くんは残念ながら表彰台には乗れませんでした。3位はロシアのガチンスキー。名前がいいなあ。ガチンスキー。でもルックスは王子様系です。クーリックを彷彿とさせました。ガチンスキーはこれから伸びますよ。楽しみなスケーターになりそうです。

バンクーバーオリンピックでは織田くんのスケート靴の紐が切れて演技を途中で中断しましたが、今回は連覇がかかる高橋くんのエッジ付近のネジが外れるというアクシデントで中断。呪われているようですね。そんな初歩的なミスを高橋くんやスタッフがするとは思えないのですが、高橋くんはこのあたりのコメントしてましたっけ?噂によると、モロゾフは安藤美姫ちゃんのスケート靴を持ち歩いたとか。これって何を意味するんでしょうか。

女子シングルは昨日SPが終わり、ユナさんが一位、ミキティが2位、真央ちゃんはまさかの7位で村上さんが10位。練習はしていたでしょうけれど、ユナさんは一年以上大会から遠ざかっていたのにあれだけの演技ができるのはすばらしいです。

ほとんどミスのないミキティよりもジャンプをミスしたユナさんのほうがスコアが高かった理由について、すぽるとで荒川さんが解説していました。そんなことあるんですね。問い合わせでも殺到したんでしょうか。荒川さんによると、ユナさんはジャンプに失敗したけどそれをカバーする加点があったこと、ミキティはミスはなかったけど加点が少なかったこと、そしてミキティのプログラムで設定されているスコアがあまり高くないことが理由だそうです。確かにユナさんはジャンプはミスしたけど、それ以降は持ち直したように見えます。ただ、失敗したジャンプに加点が入っているようです。これって普通なんでしょうか?ミキティは2分半が短くてもっと見ていたいと思うくらいすばらしい演技だったと思います。

村上さんの演技は見ていないのですが、真央ちゃんは本当に精彩を欠いていたと思うので、スコアは妥当でしょうか。動きにキレがないので音楽とかみあっていなかったです。そして、すごい痩せてスタミナがなさそうに見えました・・・。コーチによると4~5キロは痩せたようです。自分でもなぜ不調なのかわからないとか。こうなるとメンタルの問題ですね。あまりいい結果は残らないような気がします。

今日は女子シングルFPの放送があります。昨日はCSとフジを交互に見ていましたが、フジの過剰な演出はどうかと思うし、CSのほうは淡々としていてじっくり見られますが解説についてはあまり考慮されていないようで。真央ちゃんの奮闘に期待します。

|

« 探偵Xからの挑戦状 ~Season3~ ビスケット 解答編 ネタバレあり | Main | 世界フィギュアスケート選手権 2011 »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/51532246

Listed below are links to weblogs that reference 世界フィギュアスケート選手権 2011:

« 探偵Xからの挑戦状 ~Season3~ ビスケット 解答編 ネタバレあり | Main | 世界フィギュアスケート選手権 2011 »