« 新しいスタート | Main | 探偵Xからの挑戦状 ~真夏の島田荘司スペシャル~ »

声をかけるのも良し悪し

今日は母の通院の日でした。

診察の後、いつものように病院内のレストランに入ろうとしたら、知っている顔がありました。母と同室だった女性でした。癌治療中で髪の毛が抜けたため常に帽子をかぶっている方でした。こんにちは、と声をかけてみても反応が薄く、母の顔を見てやっと思い出した感じでしたが、体調悪そうでした。頭に放射線を当てて治療しているらしく、その当てた部分が炎症を起していて痛くてつらいとか。

母はその姿をみてショックだったらしく、声をかけなければよかったと言ってました。母が入院している頃はもっと元気でよく話をしてくださったのですが、もしかするとその方も誰にも声をかけてほしくなかったかもしれません。今度から安易に声をかけるのはやめようと思いました。

担当の先生からは2~3ヶ月は様子を見るように言われました。母としては手術をしたらすぐに元気になると思っていたのでしょうが、なかなか体調がよくならないので、夜眠れなかったり考えこんだりしているようです。この暑さのせいもあるかもしれません。先生と話をして少しは気が楽になったかもしれません。

一日一時間の散歩と一時間の勉強をノルマにしてダラダラ過ごさないようにしています。私がいるとももが私に集中して甘えてくるので母は楽だといいます。その代わり、わたしは肩にもも、膝の上にかめきちがべったりです。

|

« 新しいスタート | Main | 探偵Xからの挑戦状 ~真夏の島田荘司スペシャル~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/52269284

Listed below are links to weblogs that reference 声をかけるのも良し悪し:

« 新しいスタート | Main | 探偵Xからの挑戦状 ~真夏の島田荘司スペシャル~ »