« 融通のきかないこと | Main | お気楽生活は続く »

お気楽生活の始まり

母が入院し、家の実権をにぎることになりました。自分のペースでものごとを進めることができるのはなんと気楽なことでしょう!

母はあさっての朝いちで手術です。場合によっては下腹部を切ることになるとのことで、前よりは少し大変かなという感じです。担当医から「手術はあさってです」と入院当日に聞かされて、は?という顔をすると、お母様にはお知らせしていましたと。母が聞き逃したのか、先生が言い忘れていたのか、今更言っても仕方ありませんが、やはりわたしが診察室まで付き添ったほうがいいと思いました。先生は割と小さめのやさしい声で話をされるので、叔母はよく聞き取れないと言っていました。こんな感じで聞き逃したのかもしれません。私はクリアに聞こえるのですけどね。

そういえば、今回認識を改めたことが1つあり、手術で使用する輸血は肉親からがよいと思っていたのですが、かえって肉親のほうが危ないのだとか。目からうろこでした。

担当医が外来診察の日ではなかったので、思ったより早めに病院を出ることができたので、ハローワークには時間内に行くことができました。あと少しで失業保険の給付が終了します。それまでに就職が決まるといいですけどねえ・・

|

« 融通のきかないこと | Main | お気楽生活は続く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60435/53996941

Listed below are links to weblogs that reference お気楽生活の始まり:

« 融通のきかないこと | Main | お気楽生活は続く »